back image

緑の館絵画を楽しむ会の7つの使命

  1. オードリー・ヘップバーンの主演映画「緑の館」を通して「愛と平和」の尊さを伝えていく。
  2. 仙台敬老奉仕会の老人介護ボランティア活動を応援していく。
  3. 介護ボランティアを受け入れて頂いている特別養護老人ホーム等に絵画を展示していく。
  4. 緑の館仙台絵画展示室で癒しのコンサートを開催する。
  5. 社会貢献活動に関する講演・セミナーを開催する。
  6. 芸術・文化交流を通して「未来への提案」をしていく。
  7. 東日本大震災の大津波の悲惨さを後世の人々に伝えていく。

緑の館絵画を楽しむ会の主な活動

1. 癒しのボランティアネットワーク

2. 医療・介護の現場に癒しの絵画展示

    令和2年7月現在、絵画を貸し出している介護施設

  • 特別養護老人ホーム
    「萩の風」「パルシア」「リーフ鶴ケ谷」「水泉荘」
    「栗生ハウス」「せんだんの杜」「泉クラシック」
  • 地域密着型特別養護老人ホーム「萩の風サテライト」
  • 特別養護老人ホーム「ハートケア鶴ケ谷」
  • 東北労災病院図書室
  • NPO法人医学画像と脳健診待合室
  • 緑の館仙台絵画展示室
  •  

3. 絵画展示室での講演・癒しのコンサート

4. ブログ新着情報(新しい順)

緑の館絵画を楽しむ会のシンボルツリー

Main Image

数十年前に仙台市と米国のリバーサイド市の姉妹都市の橋渡しをした人がいました。その人の名は、ハルバ―ソンです。

ハルバ―ソンの墓参りをした際に、この上記の写真の樹木に出会い、この樹木を緑の館絵画を楽しむ会のシンボルツリーにする事に決めました。

シンボルツリーの経緯は、下記の「リバーサイド訪問旅行」をクリックすると、視察旅行の記録写真がご覧いただけます。 「リバーサイド訪問旅行」